年号 西暦 できごと
古墳 300 上の台遺跡、宮の台遺跡
霊亀1年 715 下総国千葉郡千葉郷おかれる。
神護景雲2年 768 浮島の駅がおかれる。(駅馬5疋)
保延3年 1137 宝幢寺建立。
治承4年 1180 大須賀四郎胤信、幕張本郷に住む。
元暦1年 1184 千葉常胤、下総国守護となる。
文治2年 1186 常胤、幕張の海中より阿弥陀仏二体発見、「月越如来」と称し宝幢寺へ安置(現在、一体のみ市指定)。
建久5年 1194 大須賀四郎長胤、子守神社を創建。
弘長2年 1262 武石三郎長胤、長胤寺を創建。
永仁2年 1294 武石三郎胤盛、真蔵院板碑建立。
永仁6年 1298 幕張本郷1500軒余に疫病がはやり、子供の大半が疾患、数ヶ月流行。
享徳1年 1452 馬加康胤、妻の安全を祈願、子守・宮山両神社に9月16日神輿をもってまつる。馬加郷と地名を改める。
康正1年 1455 原 胤房・馬加康胤が千葉城を急襲し千葉宗家の千葉介胤直を倒す。幕張本郷の町家より出火、火元の家内3人をはりつけにする。ひと玉があらわれて、人々は釈迦堂を建立し故人を弔う。
康正2年 1456 東下野守常縁により追討、康胤父子は上総国八幡で討死。
寛正4年 1463 あやしき光が飛ぶのを見て念仏堂を建立。
応仁2年 1468 康正2年に討死した家臣の霊を供養し、大須賀山(堂の山)にまつる。
元和5年 1619 馬加村は2分して南北町奉行組与力給知となる。
寛永10年 1633 堂の山に五輪塔建立。
明和9年 1772 須賀原耕地を開墾。
文政11年 1828 荒馬大五郎、吉田豊後守追風から一人部屋を許され、のちに年寄宮城野馬五郎となる。
弘化3年 1846 昆陽の遺徳をたたえ、昆陽神社を創建。
安政3年 1856 昆陽神社の遷宮式をとりおこなう。(10月12日を芋の祭りとして祭典を行う)。
明治2年 1869 江戸時代の千葉郡馬加村は葛飾県に編入。
明治4年 1871 印旛県へ編入。庄屋・名主・年寄の名称を廃止。戸長となる。
明治6年 1873 木更津、印旛県を廃止。千葉県となる。浜田小学校が龍生院を借りて発足する。(現在幕張小学校)
明治11年 1878 馬加村(1096番地)に馬加・武石の連合役場、長作村に長作・天戸・実籾・花島の4村戸長役場を置く。
明治13年 1880 点字教育家(後に房総の偉人)といわれた石川氏が浜田小学校の初代校長となる。
明治14年 1881 長作小学校開校。
明治15年 1882 長作村役場を合併し、馬加村に連合戸長役場をおく(馬加・武石・長作・天戸・実籾)。明治天皇、大須賀邸(北の家)に駐輦。
明治22年 1889 幕張村成立。
明治27年 1894 総武鉄道幕張停車場を設置。
明治29年 1896 町制施行。山田耕筰幕張小学校に在学、当時10歳「からたちの花」の思い出。
明治36年 1903 幕張漁業組合を設立。
明治40年 1907 幕張駅開業。
大正2年 1913 現在の市民センターの地(803番地)に役場を設置。
大正6年 1917 津波、仏壇まで浸水。
大正10年 1921 千葉市制施行。京成幕張駅開業。
大正12年 1923 関東大震災。
昭和5年 1926 腸チフス流行、32名罹災、5名死亡。
昭和6年 1931 寒波襲来、内湾に氷が張る。
昭和10年 1935 省線電化・お茶の水〜千葉間開通。
昭和15年 1940 三笠宮、習志野騎兵連隊勤務のため5丁目3・三橋家に居住。
昭和20年 1945 空襲により千葉市の70%罹災。
昭和22年 1947 5月幕張中学校開校(現習志野市実籾・習志野二中敷地に開校、昭和29年3月に現在地へ移転)。
昭和26年 1951 明治30年以来の大雪(40〜60センチ)で交通壮絶。
昭和29年 1954 7月6日・千葉市へ合併。8月1日馬加の一部と長作・天戸・実籾が習志野市へ、8月28日長作・天戸は千葉市に再編入。幕張公民館設置。
昭和34年 1959 11月、幕張町5丁目地先公有水面埋立地(0.16平方キロメートルを編入。)
昭和35年 1960 11月、幕張町5丁目地先公有水面埋立地(0.15平方キロメートルを編入)。
昭和36年 1961 9月、幕張町4・5丁目地先公有水面埋立地を編入。
昭和39年 1964 3月、幕張町1・2・3丁目地先公有水面埋立地を編入。10月、幕張町1丁目地先公有水面埋立地を編入。
昭和40年 1965 幕張支所・公民館を現在地に新築、現在に至る。
昭和43年 1968 幕張東小学校開校。
昭和44年 1969 京葉有料道路、幕張〜殿台開通。4月1日京成幕張駅現在地に移転。
昭和36年 1971 7月、幕張町1丁目地先公有水面埋立地編入(幕張町1丁目)。
昭和38年 1973 幕張西小学校開校。
昭和39年 1974 幕張西中学校開校。2月、幕張町1丁目5311番地〜1319番地、地先公有水面埋立地編入(幕張町1丁目)
昭和53年 1978 天戸中学校開校。5月幕張町3丁目7731番、地先公有水面埋立地編入(幕張町3丁目)
昭和54年 1979 幕張南庄学校開校。4月、幕張地区コミュニティセンター開設。
昭和55年 1980 4月、県立幕張北高校・県立幕張西高校・県立幕張東高等学校開校。4月、幕張西1丁目7773番地の1地先から幕張西4丁目7807番地地先、及び幕張町1丁目7680番地地先から幕張町5丁目7812番地先までに生じた公有水面埋立地編入。
昭和56年 1981 4月、県立衛生短期大学開校。上の台小学校開校。総武線幕張本郷駅開業。
昭和57年 1982 3月、幕張町5丁目417番地の11地先の公有水面埋立地編入。
昭和58年 1983 4月、渋谷教育学園幕張高校開校。昭和学院秀英高校開校。大道公園完成。4月、幕張西1丁目7740番地の1地先から幕張西2丁目7769番地地先までに生じた公有水面埋立地編入(幕張西1丁目・幕張西2丁目)
昭和59年 1984 4月、県立千葉市若葉区看護高校開校。千葉県総合教育センター開設。幕張パーキングエリア開所。浜田川都市下水路竣工。
昭和60年 1985 4月、昭和学院秀英中学校開校。西の谷小学校開校。放送大学学園、学生受けいれ。
昭和61年 1986 4月、渋谷教育学園幕張中学校開校。
昭和62年 1987 4月、神田外語大学開校。
昭和63年 1988 幕張中学校開校。
平成1年 1989 幕張メッセオープン(10月9日)
注1)明治29年(1896年)山田耕筰が幕張小学校に通ったのは短期間であったが、三十九歳のときつくった「からたちの花」の名曲のイメージは一〇歳の頃の幕張小学校通学途中の、大須賀家前の印象から湧いたといわれる。
注2)昭和15年(1940年)三笠宮が三橋家に居住したとあるのは当時貴族院議員三橋彌(消防署手前海側)の別宅で、その子息三橋正(元郵便局長、町会議員)が住まわれた。

参考文献「メッセの町は海だった・写真集/幕張の60年」
編 者:安藤操
発行所:株式会社千秋社


[戻る]