マンション居住の学生が初めて4割越える


 不動産総合サービスのA社(東京都大田区)が学生を対象とした「部屋探しに関するアンケート」調査結果を発表した。首都圏の大学生が希望する賃貸住宅の家賃・住居形態・間取り・設備など、今のトレンドが明らかになった。詳細を報告する。

男子の家賃は6万円未満が6割
 現在、居住している物件の賃料は「5万円以上6万円未満」が32.5%で最も多く、ついで「6万円以上7万円未満」が29.4%で大きな割合を占めた。そのあとに「4万円以上5万円未満」が18.4%で続く。一方では「7万円以上8万円未満」が11%、「8万円以上」の高額物件も5.5%となった。
男女別に見ると、男子が「6万円未満」の合計が6割を越えているのに対し、女子は半数以下となっている。さらに女子の2割以上が「7万円以上」の部屋に住んでいるなど女子の方が家賃負担額が高くなり、前年に比べても大幅に上昇していることが分かった。
同様に女子のマンション住まいの増加も目立った。「現在の住まいの建物タイプ」の項目では男子はアパートが68.8%、マンションが31.3%と答えたが、女子の41%がマンションに住んでいると回答。初めて4割を越えた。平成9年からの調査結果と比較してみても、男女合わせた全体でマンション派が25.2%(9年)、25.3%(10年)、31.8%(11年)、32.4%(12年)、36.2%(13年)と毎年増加し続けている。
ただし、「希望する建物タイプ」の項目ではアパートとマンションのニーズに明らかな違いは見られなかった。「マンション派」36.4%、「アパート派」23.6%に対し、「どちらでも可」が40%と最大割合となった。マンション風のアパートが増えアパート全体の質が向上していることが影響していると考えられる。

全体の6割が1DK以上希望
 間取りタイプは広めの部屋を希望する人が多くなっていることが分かった。ワンルームが9.2%、1Kが29.6%に対し、1DKが38%に達した。1LDKを望む人も15.6%になっており、1DK以上の希望者が60.9%にまで増えた。女子学生は1DK以上の中でも1LDKを望む人が22.6%で男子よりもより広い住まいを求めているといえよう。
居室タイプは相変わらずフローリングが圧倒的な人気をもっている。全体の71.7%が「フローリング」を望み、「クッションフロアーカーペット敷き」が18.5%、和室は9.8%にとどまった。ただし、男子学生については新しい動きもあった。「和室回帰」だ。昨年9.7%だった和室希望が今年は14.9%まで盛り返した。和室の住みやすさが見直されているといえよう。

コンビニは当たり前に
 物件を選ぶ基準には周辺状況も関係する。環境面では重視する項目への質問では「コンビニエンスストア」をあげた人が83.9%に達した。また、「スーパーマーケット」をあげた人は67.5%にのぼり、近くに買い物ができる店があることを重視していることが分かる。
一方、学生のトレンドを反映していると思われるのが「レンタルビデオ・CD店」が3位に上がったことだ。実に37.2%がビデオ・CD店を重視していることが分かった。
住宅設備面では「絶対に欲しいもの」として80%が備えつけのエアコンを希望、「独立したバス・トイレ」が71.9%になった。現実として学生向け1R、1DKにはバス・トイレ一緒のユニットバスが多いが、ニーズから外れつつあることがはっきりとみてとれたといえよう。
オーナーにとっては、どの業者に仲介を任せるかも重要なポイントだ。
アンケートによると、76.7%の学生が「自分の住みたい街にある」業者に行くと答えた。ついで「明るい雰囲気」(60.6%)をあげた。また「店頭に間取り図面がたくさん掲示してあること」(41.1%)、「インターネットで物件情報を提供していること」(29.4%)、「無料検索機で自分で勝手に物件が検索できること」(29.2%)、「店頭に無料冊子が設置してあり自由に取れる」(28.9%)など、情報の見やすさを重視していることが明らかになった。
(全国賃貸住宅新聞2002.2.18より抜粋)



 インターネットでの情報収集も多くなってきている。当社も三年前からホームページを立ち上げ、そのホームページをご覧になったお客様からのお問い合わせやメールも少し前と比べかなり多くなってきています。
インターネットという媒体を使えばお客様自身、ご自分のお部屋に居ながら数多くの資料を手に入れることが出来る訳ですから大変意義あるものだと思います。
これからはもっとインターネットに当社の物件の情報を提供し、それをお客様が検索されるという機会を与えてくれるものと思われます。
私達ココ・トーシンの社員もこれからのもう始まっているコンピューター時代に乗り遅れないよう日々努力をしていかなければと思っております。


[戻る]