多発する「錠破り」への対応策は
被害急増!! 物件セキュリティー大特集

 針金のようなものを使ってドアを開けるピッキング被害が全国各地で広がっている。なかには2度3度も連続して侵入される部屋もあるほどだ。今号では多発する空き巣の手口を分析するとともに物件のセキュリティー対策について、アパート経営者からはなかなか分かりづらい物件の盲点はどこか、あらためて見直していきたい。


盗んだクレジットカードで家電を大量購入
 侵入した形跡を何一つ残さず、鮮やかな手腕で狙った品物をちょうだいする窃盗犯もでてきた。被害にあったのは東京都大田区の9階建てマンションだ
 この物件の所在地は京浜急行線大森町駅から徒歩2分。国道に面した車の往来の激しい場所にある。周辺にはパチンコ店などがあり人通りも多い。ただし、通りすがりの人が多いため、反対にもし不審者が居ても誰も気がつかない。にぎやかな割に人目に付かない土地だといえよう。
 盗みに入られたのは昨年の冬のことだ。9階建て全18戸の内2DKタイプ、賃料12万円の部屋に済む女性の部屋が狙われた。平日の昼間、仕事に行っている間に鍵をピッキングで開けられ、現金10万円とクレジットカードを取られた。但し、その他の家具を荒らされた形跡はなかった。入居者自身、帰宅したあとも誰かが侵入したことに気が付かなかったという。
 犯行が発覚したのは一本の電話からだった。
 クレジットカード会社から次のような問い合わせがあった。入居者のカードで秋葉原の家電販売店で商品を購入しようとしていた客がいた。ところがカードの名前が女性であったのに男性が持ってきていたため不審に思った社員が確認のために暗証番号を問いただしたのだが「忘れてしまった」というそこで持ち主である入居者に電話をしてきたのだという。
 むろん、入居者には身に覚えがない。そこで初めてカードと現金が無くなっていることに気が付いたという。
 この物件を管理しているKコーポレーション(東京都大田区)では、事件後、この部屋のドアノブを同社負担で交換した。カギ交換には1万500円がかかったが、入居時にカギ交換費用をいただいていたため、入居者負担はゼロとしたという。
 「昨年は当社管理物件280戸中5戸が被害に遭いました。その何れもが共働きか単身社会人です。このように窃盗団はよく下調べをして留守の家を狙っているようなので、予め防犯カメラやカギ交換など防衛対策を取っていくことが大切だと思います。」(同社社長)

入居者が自ら鍵を購入
 総額100万円の被害を出してしまったケースもある。
 昨年、東京都北区にある4階建てマンションに窃盗が入った。30代の男性が居住用兼事務所用に借りていた部屋だ。自営業のため、普段は大抵そこに在室していた、しかしある日のこと、買い物に行くために外出したそのスキにやられてしまった。
 帰ってみるとドアの鍵が開いており、室内は荒されてメチャクチャ。現金と商品、合わせて100万円相当が持ち去られたという。
 この物件は4階建て全4戸のマンションで被害にあった4階の部屋をのぞいた他の3戸に侵入した形跡はなかった。
 立地は山手線、都営三田線巣鴨駅から徒歩7分ほどの住宅地だ。周りには同じようなマンションが建ち並ぶ。この物件を扱いJ社(東京都北区)によれば決して高級な物件ではなく、賃料も相場並みだったという。それでも狙われたのはここに一人でやっている自営業の事務所があったからだ。つまり明らかにターゲットを絞り込んでの犯行だったことが分かる。
 結局、犯人は捕まらなかった、オーナーは対策として従来の鍵からゴール製のピッキングに強いドアキーに取り替えた。ところが、入居者はそれでも納得せず、別メーカーの商品を自ら取り付けた。
 「入居していた男性は”自分で負担するから安全性の高いカギに交換させて欲しい”と言ってきました。3万8000円のカギの費用を払って取り付けています。それだけ払っても安全性を優先したいということなのでしょう」(同社社長)

高級ブランド品など換金性の高いものがなくなっている
 昨年11月、Iコーポレーション(東京都中野区)の管理する2階建て6戸、1LDK夫婦社向けの物件がピッキングによる被害に遭っている。
 狙われたのは2階部分だ。3戸全て同じ日に入られた。入居者は共稼ぎの夫婦で、夕方から夜に掛けての時間帯に帰宅したところ、カギが開いており、室内が物色されていたという。
 この物件は道路に面しており、そこに階段が付いている。階段を上がると手前から201,202,203号室と横並びの配置になっている。階段から一番奥の203号室は室内を物色されただけで盗まれたものはなかった。
 中部屋の202号室と階段脇の201号室は金品、宝石類、ヴィトンのバッグが盗まれた。202号室の現金の箱は2万〜3万円、203号室は10万円ほどだったという。
 共用廊下側、バルコニー側も民家と隣り合わせに建っているため、廊下の外側の壁はいわゆる外部からの目隠しのため高めに造られており、160cmくらいの人間ならすっぽりと隠れてしまうほどだという。オーナーが入居者の安全を考えてこういった施しをしている場合もあるが、周辺環境が民家に挟まれているケースでは、民家の住人が家の中やアパートの人の出入りが見えてしまう理由で申し出てくることもよくあるという。しかしこの目隠しの壁がかえって、ピッキング犯罪には好条件になってしまったようだ。実際にこの物件は、2階に上がってしまえば道路を歩く人の目には付くことはない。
 事件後は、横型の鍵穴のものに取り替え、それ以降ピッキング犯罪にはあっていないと言う。カギ交換の費用は2万5000円ほどだ。同社は現在管理する2000戸のシリンダー交換を予定しているが、メーカーの商品の生産が間に合っていないため、オーナーの承諾を得られた近場の物件から徐々に取り入れている。

帰宅したら室内に見知らぬ男が5人ロープで縛られ150万円奪われる
 「入居者が帰宅したとき全く知らない男が5人も室内にいたそうです」
 こう話すのは錠前の開錠、設置を行うSリフォームセンター(東京都新宿区)同社長だ。
 JR新大久保駅から徒歩5分、築15年になる鉄筋コンクリート造3階建ての一室でその事件はおきた。
 夜ごとに何かしらの犯罪がおきているといわれる新宿歌舞伎町。ここから500mと離れていないその場所は、東南アジア系専門飲食店をはじめ、数多くの無国籍店が集中する決して治安がよいとは言えない地域である。そんな繁華街から少し路地を入った場所に同物件は位置していた。
 2階部分の2LDKの一室には中国から来日した日本語学校に通う20歳代の女性3人が入居していた。
 事件が起きたのは一昨年の11月のこと。その日もいつもと変わらず最後に部屋を出ていく女性がカギを閉めそれぞれ学校へと向かった。
 夕方、最初に帰宅した女性が玄関のカギを開けようとしたところなぜか扉が開いていた。
 一歩足を踏み入れそこで女性が目にしたものは、部屋に立ちはだかる5人の男の影。逃げる間もなくロープで縛り上げられた。その後、帰宅した順に3人は縛り上げられていった。
 「男達はそれぞれの女性のキャッシュカードを奪い、『嘘をついたら殺す』という脅しをかけ暗証番号を聞きだしたそうです」(同氏)
 被害総額は150万円。幸いにも身体こそ傷つけられなかったが、彼女たちの精神的ショックは大きく警察が駆けつけたときは誰も言葉を話せない状態だったという。
 手口は当然のごとくピッキングによるものだった。その後3人は即契約を解除し退去していったという。
 安全はタダという時代は既に過去の話になってしまった。ピッキングに限らず物件のセキュリティーについてもう一度きちんと見直すことが必要だ。

(全国賃貸住宅新聞より抜粋)


犯罪発生状況(平成12年12月現在)
年度 平成11年 平成12年 増減数
凶悪犯「殺人.強盗など」     21件     28件  +  7
粗暴犯「暴行.恐喝など」    192件    300件 +108
窃盗犯   6215件   7486件 +1271
内訳
空き巣.忍び込み    432件    507件 + 75
事務所荒らし    163件    249件 + 86
出店荒らし    170件    186件 + 16
自動車盗    374件    511件 +137
オートバイ.自転車盗   1982件   1739件 −243
車上狙い   1198件   1581件 +383
ひったくり    167件    424件 +257

 上記は市原市の昨年、一昨年の犯罪状況ですが、やはり窃盗犯が増えております。
 平成11年に比べ平成12年は約2割窃盗犯が増えております。千葉市は市原市に比べ世帯数や人口が多いため、恐らく2割以上増えているのではないでしょうか。いつまでも「自分だけは大丈夫」とは言い切れない状態です。
 当社でお部屋を探される方の中にも昨年幕張本郷で2回ピッキングの被害(盗難)にあったので引っ越しをしたいという方がいらっしゃいました。
 また、幕張に住む学生(女性)の例ですが、アパートに帰ると知らない男性が部屋の中におり、身体的ないたずらをされた挙げ句、「親や警察に話したら殺す」と脅され、被害を親にも警察にも話せず、転居を親に相談できないまま数ヶ月友達の家を転々と泊まり歩いたそうです。恐ろしくて自分の部屋に近づくことができず、荷物も部屋に置きっぱなしにしたまま一度も帰ることができなかったそうです。
 2月の上旬の話ですが、幕張本郷駅の山側の線路沿いを歩いていた女性がひったくりにあったことも聞いております。
 家の外が危険であれば、せめて自宅だけは安心できる場であって欲しいと思います。入居者の方々が安心して出かけられるよう、安心して帰ってこられるような環境をつくってあげることは家主さんや我々不動産会社の義務ではないでしょうか。
 ピッキングに強い鍵への交換は当社でも施工できます。ご希望の方はお気軽に声をお掛け下さい。
 被害者が自分だったら、自分の子供だったらということを今一度、お考えになっていただけますでしょうか。



[戻る]
[貸したい物件をお持ちの方のお問い合わせ]
[ハウスドクター・今どきのリフォーム事情]