T、台地地域

検見川台地
 幕張から検見川を経て西千葉に至る中位の台地。台地の末端は15mほどで終わるが内陸では20mほどになる。内陸側の上位段丘との境は不明瞭である。幕張・検見川・稲毛・黒砂などの台地面は小起状があり砂丘がのっていることが特徴的である。



四街道台地
 長沼・四街道・千城台・下田町など鹿島川以西、都川以西の地域の台地。台地の高度は30〜40mであるが、東京湾側と利根川側を分けており、高まりの長軸の方向は幕張−千葉間の海岸線方向と一致しており、又「佐倉」図幅の西印旛沼の低地方向とも一致する。それ故、この高まりは構造性の隆起軸であるとする考えが出される。台地面は平坦で広い。



八街台地
 隣接「東金・木戸」図幅で八街大地としたものの続きであり、鹿島川以東の台地であり、東方に高度を増すが、本図幅では40m程度である。



土気−大木戸台地
 鹿島川上流域の台地で、隣接「東金・木戸」図幅の同名の台地の続きである。本地域では最も高度が大きく大野では80mに達する。又北側への台地面の高度低下が目立つ地域でもあり、本図幅主要三河川の分水域であり、段丘の形成史からはなお詳細な検討が必要な地域であるが、上位段丘には分類できる台地である。



平山大地
 都川と蘇我付近の低地に囲まれた台地を平山大地とした。この台地は都川流域では上位段丘が広く見られるが、東京湾側では、開析谷がかなり深く数多く入り、上位段丘は分断されている。又中位の段丘が、これまた分断されながらも見られる。都川流域では明瞭な河成段丘が二段よく発達している。海岸側には低い、開成段丘が中位段丘の下についており、これも下位段丘とした。なお葛城付近には砂丘が見られる。



誉田台地
 これは村田川流域の北部の六通、大膳野、萩ノ台、瀬反などの分散的な台地と、東国吉、番場などの台地を含む。台地面積よりも台地斜面の面積の方が広く、本図幅地域中最も開析が進んでいる。上位段丘の高度は50〜60mと高く、中位段丘はなく、下位段丘が3段ほどに区別できる。番場・中野などの段丘は武蔵野期に相当する。という見解もある。



市原台地
 隣接「姉ヶ崎・木更津」図幅の市原台地の一部をなすもので中位段丘が広く分布する。ここでは台地は北流する村田川支谷によって分断されるとともに、海岸側の低地にのぞむ部分は北西−南東方向の海食崖でおわっている。台地には辰巳団地や若宮団地などの大規模造成による改変が広い。



U、低地地域

千葉北部埋立地
 幕張・検見川・稲毛・黒砂・登戸など都川以北の各地地先に造成された埋立地。旧海岸から約2〜2.5Km沖合まで、水深約5mまで造成された。幕張・検見川地区の造成は1976年と新しい。ここでは−5〜−15mの埋設波食台は、埋め立てと港湾建設に絶好の地盤を与えてきた。なお検見川の谷地田出口の砂州は内部に泥炭地をつくり、大賀ハスはここから出土している。



千葉南部埋立地
 都川から南西にのびる埋立地を一括する。ここは京葉臨海埋立造成地の出発点となったところであり、川鉄・東電地区・市原の五井地区といわれている。ここでは−10〜−20mに沖積基底があるが、養老川の沖積層は比較的狭い砂層からなっている。



都川低地
 都川は上流に賀曽利貝塚などがあり、縄文期の海の進入により入江化したことがいわれている谷である。
 千葉市の中心部は都川の出口を塞ぐ形で作られている二つの砂堆の上にのっている。このため砂堆背後は排水不良地が広がっていたが、盛土により都市化が進んでいる。



蘇我・村田川低地
 この地域の内、寒川から蘇我を経て浜野へは、旧海岸に平行に砂州があり、この砂州と台地との間は砂州間低地が見られたが、砂州間低地は盛土され市街化した。村田川下流は小規模な三角州であり、河道に沿って自然堤防が見られる。



養老川低地
 ここも基本的には、蘇我・村田川低地と同じで、海側には砂州があり、その背後に低地がある。この低地は台地の海食崖の下にできた干潟であったものが陸化したものである。砂州の部分は盛土されたが、低地部分は目下のところ農地であり改変は進んでいない。
 養老川は尖状三角州であり、砂州をきって前進している。旧水路や自然堤防が錯綜している。



鹿島川低地
 鹿島川は下総台地西部の最大の流域と長さをもつ浸食谷であり、印旛沼に注ぐ。
 本地域では、下泉付近から下流では低地の幅を増し、佐倉市の馬場では、谷底幅700mとかなり広くなる。支谷にくらべて本流は谷幅広く勾配はゆるく溺れ谷の形態が見られる。しかし下泉から上流では急に谷幅がせばまり勾配もましている。



 千葉県の大地はその分布形状から、北半分を広く占める下総台地と南部房総半島を縁取る狭い海岸丘陵からなる台地に大別される。下総台地は高度20〜100mにあって、もともとは浅い海底に堆積された泥や砂がりくかしてできた海岸丘陵面である。首都圏への近接性から主に住宅供給地として利用されている。房総半島の海岸丘陵群は最近6,000年間の大地震のたび毎に土地の隆起が起こることによって、海岸線付近の地形が陸化して生まれてきたものである。この海岸線付近に分布する波食作用によってつくられた平坦な地形は波食棚(ベンチ)と呼ばれ、海岸地形を特徴づけている。


1、県北部を広く占める下総台地

 県北部は関東平野の一部をなす海岸平野であるが、河川や海岸線付近に広がる沖積平野とそれより一段高い台地からなっている。
この台地は“下総台地”と総称され、県外でも広く知られており、その規模からみても日本を代表する台地の一つである。台地主部の海抜高度は北西部の野田市周辺で20m前後、東部の銚子市付近で50m、南東部へ高度を増し、長生郡では100mになる。これは関東造盆地運動の影響を受けた北西への傾動を示している。下総台地を平坦面の高度分布と連続する段丘崖の存在に着目して細かく見ると、実際には三つの段丘面に分類することができる。それぞれの段丘面は、発達の良い地域の代表的な地名をとって、下総上位面・下総下位面・千葉面と呼ばれている。厳密にはこれらは形成年代の異なる段丘面であり、更新世後期(約13万年前以後)に順次形成された地形面である。下総上位面と下総下位面は海岸段丘面、千葉面は河岸段丘面であることが知られている。



下総台地西部から中央部

〔下総上位面〕
 下総台地では最も広く分布し、西は松戸・東は銚子・南は富津付近にまで及ぶ。これらは小さな谷に浸食されて平坦さは必ずしも連続しないが、上空から見ると風呂敷をかけたように平坦さが確認される。台地西部に着目してみると、下総上位面は海抜20〜30mにあって、北から南東に伸びる形で分布し、厚さ5〜6mの関東ロ−ム層に覆われている。
 関東ロ−ム層とは、乾陸上に降り積もった火山砕屑物(軽石や火山灰の総称)と風成塵(大陸から飛ばされてきた砂塵を指す)およびその風化した褐色の土層の俗称で、上位より立川ロ−ム層・武蔵野ロ−ム層・下末吉ロ−ム層に区分されている。この関東ロ−ムを剥いでみると、海進期に浅海底に堆積した砂や泥からなる成田層(あるいは木下層)が一面に顔を出す。下総上位面はもともとこの成田層の頂面(浅海底面が陸化し、最初に降下堆積した軽石層は箱根新期外輪山を作ったときの噴火によるもので、三色アイス軽石層(SIPと略す、神奈川県ではKIp−13とも呼ばれる)である。この噴火年代は約11万7,000年前であり、下総上位面が陸化を始めた時代はその直前であったことを物語っている。



〔下総下位面〕
 下総上位面に対し比高数mの傾面(段丘崖という)を以て接し、これを取りまくように利根川沿いあるいは東京湾沿いに帯状に分布する。
 利根川と江戸川に挟まれた地域では野田から手賀沼、そして神崎川から印旛沼にかけて、主に河岸段丘として認められる。又、東京湾側では市川北部から船橋・津田沼・千葉市にかけて幅2Kmほどで連続し、この地域ではほとんど海岸丘陵である。段丘面の標高は10〜20mであり、下総下位面に比べてわずかに薄くなる厚さ4〜5mの関東ロ−ム層に覆われている。



〔東京湾の下総下位面〕
 関東ロ−ム層の下には厚さ2m〜3mの偽層の発達した砂(市川砂層とよばれる)が連続して分布し、離水直前にはこのあたりが海辺であったことを示し、次の海進(あるいは高海面安定期)に関係して生まれた海岸丘陵である。これらと同じ時期に形成された丘陵地形は千葉市南部から木更津市にかけても認められており、姉ヶ崎面などと呼ばれている。



〔千葉面〕
 高位の段丘面を刻みながら流れる河川(これを開析谷という)に沿って比高10m前後の段丘崖によって現河床に接し、流路と併走する形で幅狭く分布する。
 特に発達の良いのは、西から手賀沼へ流れ込む大津川、市川市北部の真間川、印旛沼へ流れ込む神崎川・新川・鹿島川・千葉市中心を通る都川の流域である。この段丘面の下には厚さ2〜3mの河川の運んだ砂礫層が横たわり、かつての河床がこの高さにあったことを示している。離水後(すなわち河川が下方に浸食を再開して段丘化した後)、この砂礫層の最上面は関東ロ−ム層によって覆われた。関東ロ−ムの厚さは3〜4mで、上位の段丘を被覆するロ−ム層よりわずかに薄くなっている。
 この関東ロ−ム層の最下部には箱根新期外輪山を作ったときの大噴火によってもたらされた東京軽石層(TPと呼ばれる)が広く認められる。TPの噴出年代は約5万年前後であることが知られており、従って千葉面の段丘化はそれより古く、約6万年前後と推定されている。




(参考文献「千葉県の自然誌」財団法人千葉県史料研究財団編)